庭徳藤原造園では、3代続く伝統の技と現代技術を組み合わせた技術でお客様のお庭造りをお手伝い致します!

メールでのお問い合わせ

三代目ご挨拶

庭造りへの想い

庭造りへのきっかけは…

造園は大工さんや左官さんの方々と同じで〝職人技〟といわれるものの1つですから、幼いころから職人技を見て育って、そのまま仕事に就く方が多い業界です。

実際、祖父が始めたこの藤原造園で、私の父は幼いころから学び、庭師として働いていました。でも当の私はというと実は全く畑違いの仕事をしていたんです(笑)。

祖父の想いを引き継ぎたい。

そんな私が、この藤原造園で仕事をすることになったきっかけは、祖父の他界です。祖父が苦労しながらも、お客様の信頼を築きながら大切に残してくれた藤原造園。
これからどうするのか家族で話しているときに「このまま無くしても・・・」という話がありました。

しかし、おじいちゃん子だった私は、そんなのはもったいない!祖父のためにやってみよう!と思い、庭造りを学び始めました。

考え方の違いを埋めてより良い庭造りをしたい。

修行中は、上手く行かない事の方が多かったと思います。
未来の造園業界を考えた時にこのままじゃ人は育たないし、もっとお客様に対して良い提案ができるはずだ!と考えた私は、先輩との考え方の溝を埋めることが大切だと気づき、毎日ぶつかってきました。

これには今でもとても苦労していますが、他業種で学んだことがある私だからこそできることだと思い、毎日向き合っています。

祖父の残してくれた庭徳藤原造園と私のやりたいことを合わせたら、もっと新しい庭造りができるんじゃないか。そうしたら、もっと多くのお客様に喜んでいただけるんじゃないか。

伝統技術と新しい発想の融合が藤原造園の強みです

この藤原造園には、最新の造園技術を学んだ私の同級生たちと、祖父の技術を学んだ父がいます。
伝統的な日本の和の庭園造りを大切に後世に引き継ぎながら、現代の日本の住宅に合わせた庭造りができるのが、この庭徳藤原造園の強みです。

この技術の融合で、これからもっと新しく良い庭造りがでもっとたくさんのお客様に喜んでいただきたいと2015年7月1日に株式会社庭徳藤原造園として法人化いたしました。

あなたは、どんなお庭がほしいですか?

四季折々の姿を見せてくれる憧れの日本庭園、好きな木を植えてちょっと心を和ませてくれる坪庭、玄関先の果樹。
木1本からお庭まで、どんな木の手入れからでもおっしゃって下さい。技術と若さ、そしてフットワークの軽さを活かし、あなたのお庭造りを致します。

株式会社庭徳藤原造園 三代目 藤原大輝
お問い合わせフォーム

上部に戻る